Google

Yahoo! JAPAN



横浜市営地下鉄ブルーラインリンク集

ブルーライン(正式名称:横浜市高速鉄道1号線・3号線〈よこはましこうそくてつどう1ごうせん・3ごうせん〉)は、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ横浜市営地下鉄の鉄道路線である。 路線の正式名称は途中の関内駅を境に分かれており、湘南台駅 - 関内駅間が1号線、関内駅 - あざみ野駅間が3号線であるが、すべての列車が1号線と3号線を直通しているため、関内駅を始発・終着とする列車は運行されていない。また、車内や駅などで1号線や3号線という案内は行われていない。正式な起点は1号線・3号線とも関内駅であるが、運行系統上、起点は湘南台駅になる。都市計画法に基づく都市高速鉄道としての名称は、「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第1号線」、「藤沢都市計画都市高速鉄道1号線」及び「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第3号線」である。 4号線(グリーンライン)が開業した2008年3月30日より路線愛称ブルーラインの使用を正式に開始した。路線愛称の由来は、「青」が横浜を象徴する色であり、開業時から車両やサイン類でも使用されていて、路線のイメージカラーと認識されていることから。ラインカラーも「ブルー」■である。 4号線の開通により交通局の地下鉄路線が1つでなくなるため、愛称を公募し決定した。

本路線は、湘南台駅から泉区南部、戸塚駅、港南区中心部、上大岡駅、南区中心部を経て、横浜都心部である関内・桜木町・横浜駅地区に至る。横浜駅からは神奈川区中央部、新横浜都心、港北ニュータウンを経て青葉区のあざみ野駅に至る。市全体を「コの字型」に貫き、横浜の各地域拠点を結ぶ路線である。 東京地下鉄の銀座線・丸ノ内線とともに関東で第三軌条方式を採用している路線である。 当初(1965年)の計画では、3号線は勝田(港北ニュータウン付近) - 新横浜 - 横浜 - 伊勢佐木町 - 山下町 - 本牧間であり、勝田で4号線(鶴見 - 綱島 - 勝田 - 元石川間)と、横浜で2号線(神奈川新町 - 横浜 - 藤棚 - 吉野町 - 滝頭 - 屏風ヶ浦間)と、伊勢佐木町で1号線(伊勢佐木町 - 上大岡 - 戸塚 - 湘南台間)と連絡する予定であった。しかし、首都高速道路の建設計画と重なったため、伊勢佐木町駅の予定地を尾上町に変更して関内駅とし、1号線と直通運転を行うべく方向別ホームが建設された。そして、関内駅から本牧方面に向う計画だったが、結局1号線と完全に直通運転を行うことになったため、関内駅 - 本牧方面の計画は中止された。本牧方面への路線はその後横浜高速鉄道みなとみらい線が引き継ぐ形となった。 3号線などの後から開業した区間のトンネルはNATM工法が多用され、第三軌条方式の地下鉄にしてはトンネルの天井が高くなっている箇所も多い。湘南台駅付近は相鉄いずみ野線と2段式のトンネルになっている。 3号線の新横浜 - 横浜間は当初民有地の下を直線的に結ぶ予定であったが、住宅の地下を通るため騒音が予想され、敷設予定地住民から反対運動が起き、なるべく道路の下を通るよう大迂回して建設された(それでもJR線より0.9km短い)。これは、新横浜 - 横浜間を直線で結ぶ計画だと神奈川大学付近に駅を建設することになり、同大学の最寄り駅である東急東横線白楽駅前の六角橋商店街の非活性化を懸念した商店主の反対によるものであるとも言われている。それでも民有地の下を通らざるを得ない区間は騒音対策のためバラスト軌道になっている。 新横浜・横浜・桜木町・関内という横浜の最拠点を結ぶが、同区間には横浜線・京浜東北線・根岸線も走っており、新幹線など長距離の乗車券では、発着地がJRの特定都区市内の一つである「横浜市内」となってしまうため、(仮に迂回ルートでなくても)運賃面では不利である[1]。逆に、湘南台を発着する相鉄いずみ野線との競合に関しては、運賃が10円(湘南台 - 横浜間)高いだけで、しかも横浜の中心部(伊勢佐木町、関内、桜木町など)に乗り換えなしで行ける(相鉄線だと横浜で乗り換える必要がある)ことから、こちらに関しては市営地下鉄の方にやや分があるようである。ただし、純粋に湘南台から横浜に行く場合は所要時間が圧倒的に早い相鉄に軍配が上がる。また、湘南台から東京方面に行くには、本路線で戸塚へ出て、JR東海道線に乗り換えるのが一番早い。 港北ニュータウン計画の進展や4号線(グリーンライン)計画の見直しなどで、4号線との連絡駅はセンター北とセンター南の両駅に決まり、同線は南の中山駅に向かうこととなったため、3号線が代わりに元石川まで延伸することとなった。元石川駅の位置に関しては、東急側がたまプラーザ駅を強く主張したのに対し、横浜市は1977年に開業したあざみ野駅に固執した。結局3号線の終点はあざみ野駅となったが、開業後も長い間同駅には田園都市線の快速(1996年4月廃止)や急行が停車せず、地下鉄開業に伴って乗降客数が激増したため乗り換え駅としては不便な状態となっていた。しかし、横浜市からの要請を受けて2002年3月28日のダイヤ改正で田園都市線の急行が(2007年4月5日からは準急も)停車するようになり、一応のところ決着が付いた。 新羽 - あざみ野間のみは、地下高速鉄道ではなくニュータウン鉄道としての補助金を受けて建設されたので、補助金制度の違いで見れば、厳密な意味での地下鉄に該当しない(神戸市営地下鉄西神・山手線の名谷駅 - 西神中央駅間も同様)。 走行距離は長いが、急行運転は行わず、待避線があるのも出庫線を持つ一部の駅のみである(なお、2005年には臨時で快速運転が行われた。ただし途中駅での追い越しはない)。もっとも、横浜市交通局のホームページにおいて、地域間輸送の目的を重視し急行運転は行わないことを明記[2]している。 横浜市営地下鉄では初めてとなる終夜運転を2008年度の大晦日終電後から元日の早朝にかけて実施した。全線で6往復運行し、うち1往復は伊勢佐木長者町 - あざみ野間折り返し運行となった。

2007年12月15日よりワンマン運転を実施している[3]。このため、2007年2月より各駅にホームドアが設置され、4月より随時稼動を開始した。なおこれに先立ち、同年1月20日よりATOによる自動運転も開始している。 ワンマン運転を開始する前より、ドア開閉は車掌ではなく運転士が運転台にあるボタンの操作によりホームドア開閉とともに行っている。ホームドアは、当初2月から稼動開始の予定だったが調整が遅れ、4月7日にあざみ野駅で稼動を開始し、9月15日に全駅で使用開始された。 ホームドア稼動開始当初は発車の際は車掌が笛を吹かずに車両に備えてある乗車促進放送を使って発車の合図としていたが、ワンマン運転に向けて発車サイン音が整備され、11月ごろから各駅で順次使用を開始している。 また、踊場駅と下飯田駅についてはホームの線路際の青色の乗車位置に電車が停車されず、代替として乗車位置のステッカーをホームドア前の床に貼付している。 ホームドアの色は、ドアが上部に細い青線の入った白で、柵は白である。また、車両間には銀色の柵が設置されている。 当初は東京地下鉄(東京メトロ)の丸ノ内線と同様、全駅にホームドアが設置・稼動され、ワンマン運転が開始された後も接近放送は「危ないですから、白線の内側にお下がり下さい。」のままとなっていたが、グリーンライン開業に伴って接近放送が「ご注意ください。」と変更された。また優先席放送の言い方も変更された。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2010 横浜市営地下鉄ブルーライン リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4